MENU

【株主優待】低リスクで株主優待がもらえる【優待クロス】

  • URLをコピーしました!

PR

nana

優待銘柄は集めたいけど株価の下落が怖いっていう人にオススメのクロス取引についてまとめます!

クロス取引をしてみたい人は読んでね!

このブログでわかること
  • クロス取引・優待クロスとは
  • なぜ、みんなクロス取引をするのか
  • どの証券会社を使えばよいか
こちらも読んでね
目次

クロス取引とは

クロス取引とは、ある銘柄の売りと買いを同じ株数で注文することをいいます。

この注文は株主優待が欲しいときによく使われる取引です。

株主優待をもらうためにクロス取引をする理由

売りと買いの両方を持つと、株価の変動による影響を受けることなく株主優待をもらうことが出来ます。

クロス取引をしなかったらどうなる?

たとえば、2,000円のクオカードの株主優待が欲しくて1,000円の株を100株買ったとします。

優待がもらえるタイミングが終わったから株を売却しようと思った時、この株が950円となっていると、売却後に戻ってくるお金は95,000円となります。

株を買った日優待がもらえる権利の翌日
株価1,000円950円
株数100株100 株
評価額100,000円95,000円
例えばの話…

2,000円分の優待のために5,000円マイナスは辛すぎる…

もし、ここでクロス取引を使い、1,000円の株を買いと売りで100株ずつ持ったとき
株価が950円となると、買いは+5,000円、売りは-5,000円となり合わせると±0となるため、
株価が変わっても、資産が大きく増えることも減ることもありません。

nana

優待が欲しいだけなら株価の変動リスクを受けずに優待がもらえるクロス取引っていいね!

実際手数料がかかるから手出しはあるけど、200円で2,000円のクオカードを手に入れたりすることができるのがクロス取引の魅力です。

クロス取引で禁止されていること

クロス取引ではザラ場(通常の取引時間)で取引をおこなうことは禁止されています。

そのため、クロス取引をする場合は「寄り付き」や「引け」でしましょう。

ザラ場とは:https://www.smbcnikko.co.jp/terms/japan/sa/J0016.html

クロス取引に必要な口座

クロス取引では「売り」のポジションを持つことが必要です。

そのため、信用取引口座の開設が必要になります。

信用取引口座(信用取引)とは?

信用取引とは、現金や株を証券会社に預けて、証券会社からお金を借りて株を買ったり、株を借りて売ったりする取引のことです。

nana

例えば30万円を持っていた場合、通常は30万円以下の株しか買えないけど、信用取引では約90万円の株も買うことが出来るよ!

ちなみに普通の口座では「売り」をすることは出来ないよ

信用取引は危険?

信用取引は持っている金額以上の取引が出来ることもあり、リスクがないとは言えません。

そのため、株の経験がない人や金融資産が一定未満の場合は口座開設自体ができません。

もし株の経験がないようであれば、株に慣れてから口座開設をしてください!

信用取引口座の開設基準
  • メールアドレスの登録がある
  • 金融資産が300万円以上
  • 現物株の投資経験が1年以上 など
nana

日興証券の信用取引口座開設基準はこちらに載っているよ

一般的に危険といわれるけれど、うまく使えば現物取引より手数料が安かったりするから、私はよく信用取引で売買しています

優待クロスのオススメ証券会社

nana

日興証券は絶対に開設して!!

楽天証券やSBI証券でもクロス取引をすることはもちろん可能です。

ここで日興証券をオススメしている理由として、日興証券は他社よりもクロス取引でかかるコストが低くいからです。

具体的なコストを比較したいとき

GokigenLifeというサイトがオススメです。

スマートフォンであればアプリを入れておくと確認しやすいと思います。

GokigenLifeでは日興証券はもちろん、他の証券会社も含めてクロス取引にどの程度のコストがかかるのかをすぐに確認することができます。

まとめ

  • 優待をもらうならクロス取引がオススメ
  • クロス取引をするのなら日興証券がオススメ
  • 手数料を確認したいのなら、GokigenLifeがオススメ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

おトクと投資が好きな都内30代OL
今年こそは痩せる!は毎年のように言っている
IT系の企業で働く社畜で転職経験は2回
長期の休みがあればひとりでも海外に行っちゃう
自由な暮らしを手に入れるために頑張って生きています!

目次