MENU

【PayPay証券】株主優待は?ポイントサイトはある?

  • URLをコピーしました!

PR

SNS経由で記事を見つけてくれた人へ

「…」マークを押して
「Chrome」or「外部ブラウザで開く」をタップしてね!

SNS経由から操作を進めると画面を閉じたときに始めからになっちゃうよ…

nana

今日は私も使っているPayPay証券について解説するね!

目次

PayPay証券って何?

PayPay証券は1,000円から日本や米国の有名企業に投資をすることが出来るサービスです。

nana

1株単位ではなくて
1,000円単位なんだね!

アメリカ株は他の証券会社でも1株から投資をすることが出来ますが、たとえばiPhoneの会社であるAppleに投資をしたい場合は2万円以上のお金が必要です。

一度に2万円投資するのは怖いけど1,000円なら自分でも出来そう!

PayPay証券ミニアプリとの違い

決済アプリ「PayPay」の資産運用(=PayPay証券)とPayPay証券は少し違いますが、PayPay証券を開設すれば「PayPay」の資産運用も特別な手続きなしで使えるのでポイントサイト×PayPay証券の開設をオススメします。

詳細はこちらをチェックしてね★

PayPay証券は儲かる?

nana

私はPayPay証券で投資をはじめてお金が増えたよ!

投資初心者だし、自分で選んだ株でお金が増えるイメージが出来ない…。

nana

じゃあ、少しお得にPayPay証券を始めることが出来る情報を教えちゃうね!

PayPay証券はポイントサイト経由で開設しよう!

PayPay証券を開設する場合、ポイントインカムで開設するのがオススメです!

今なら開設だけで3600円分のポイントがもらえます。(2024年1月21日時点)

↓バナー(画像)をタップして登録した人限定
 1/31までAmazonギフトプレゼント中

ポイントサイトのポイントインカム
ポイントサイトを詳しく知りたい人は
こちらもチェック

PayPay証券は会社にバレる?

副業とかって会社にばれるって聞いたいことがあるんだけど…
PayPay証券もお金が増えたら、会社から何か言われる…?

nana

どこの証券会社も同じだけど、特定口座源泉徴収ありにしておけば、会社にばれることもないし、確定申告を気にしなくても大丈夫!

ちなみに投資の場合は、副業とはちょっと異なるためバレても何か言われることはありません。

PayPay証券の注意点

1000円から投資が出来るしポイントサイト経由でお得にできそうだから気になるんだけど…注意点はある?

nana

売買のタイミングによって手数料が違うから気をつけて…!

PayPay証券の手数料

PayPay証券は他の証券会社よりも手数料が少し高めなので、私は米国株を買うときにしか使っていません。

日本株を1,000円単位で買いたい場合は日興フロッギー証券を利用しています。

日本株の手数料

PayPay証券より

米国株の手数料

PayPay証券より

株が動いている時間に取引をした方がいいんだね!

nana

土日祝や夏時間には注意しよう

取引銘柄が少ない?

買える株が少ないって聞いたことがあるんだけど…

nana

楽天証券やSBI証券よりは少ないけれど
日本株であればNTTや味の素、オリエンタルランドもあるし
米国株であればテスラもアップルもディズニーもある!

じゃあ、知っている企業の株は買えそうだね♡

株主優待がもらえない?!

株主優待

日本株を単元株以上、かつ優待の対象となる条件を満たしている場合、企業から直接、株主優待が受けられます。単元未満株や小数点以下の株(端株)については、すべてのお客様の分をまとめて弊社名義として保管しておりますので、その分の優待は受けられません。

PayPay証券より

PayPay証券の場合、1株分買えたとしてもPayPay証券名義で保有されているため1株でもらえる優待がもらえず、優待で長期認定が必要な場合も注意が必要です。

まとめ

nana

PayPay証券はコツコツ投資を頑張りたい人におすすめの証券会社です!私も始めて2年ほど使っていて、これからも米国株を買っていくよ◎

この記事のまとめ

・PayPay証券は1,000円から株を買うことが出来る

・口座開設をする場合【まだ登録をしていないポイントサイト】から開設すべき

・手数料はやや高めであるため、株を売買するのは株が動いている時間におこなう

nana

無理のない範囲で一緒に投資を楽しもう♡

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

おトクと投資が好きな都内30代OL
今年こそは痩せる!は毎年のように言っている
IT系の企業で働く社畜で転職経験は2回
長期の休みがあればひとりでも海外に行っちゃう
自由な暮らしを手に入れるために頑張って生きています!

目次